コンテンツに移動する。

e-Palette

画像はコンセプト車です

新たなモビリティサービスを皆様に

東京2020オリンピック・パラリンピックでは、トヨタ初のAutono-MaaS※専用EVであるe-Paletteが、選手村内の巡回バスとして大会関係者や選手の移動をサポートします。

※Autonomous Vehicle(自動運転車)とMaaS(Mobility-as-a-Serviceモビリティサービス)を融合させた、トヨタによる自動運転車を利用したモビリティサービスを示す造語
動力 電気
ナビゲーション 自動運転
全てのひとに

お客様のニーズにあわせたサービス

パレットで絵の具を混ぜて色を作るように、e-Paletteはあらゆるカスタマイズが可能です。低床・箱型のバリアフリーデザインによるフラットかつ広大な空間に、ライドシェアリング仕様、ホテル仕様、リテールショップ仕様といったさまざまな用途へ対応します

ビジネスとして

共に、よりスマートに

トヨタは、モビリティサービスプラットフォーマーとして、クルマの新しい魅力・新価値を創造し、それが生み出すバリューチェーンを拡大することで、人々の暮らしに役立つモビリティ社会への貢献を 念頭に事業活動を行っています。

サイトについてのアンケート

このコンテンツをご覧になって、「トヨタはモビリティカンパニーへと移行している」と感じますか?

ありがとう。