コンテンツに移動する。

MIRAI CONCEPT

画像はコンセプト車です

燃料電池自動車の次のステージに向けて

MIRAIは、水素を空気中の酸素と化学反応させて発電した電気で走るクルマで、トヨタは、2014年12月に発売して以来、水素社会の扉を開くとともに、燃料電池自動車の普及に取り組んできました。MIRAI Conceptは、2020年末の発売に向けた次期MIRAIの開発最終段階のモデルです。走りを予感させるダイナミックさと誰もが思わず振り返るエモーショナルな美しさを併せ持つスタイリングを追求。また、走る楽しさを持つクルマづくりに徹底的にこだわり、今までにない気持ちの良い走行フィーリングの実現を目指しました

駆動方式 後輪駆動
航続距離 30%延長(従来型比)
乗車定員 5

走りを予感させるダイナミックさとエモーショナルな美しさを追求したスタイリング

エモーショナルで魅力的なデザイン、乗っているだけで笑顔になれるダイナミックで意のままの走り。「ずっと走っていたくなるようなクルマ」を目指し開発を進めました。外形は、低重心で伸びやかなプロポーションを実現し、さらに、20インチの大径タイヤでダイナミックさと軽快感を付与しました。外板色は、スポーツマインドを刺激するような“強いブルー”を追求し、フォースブルー マルチプルレイヤーズを新規開発。室内は “運転する楽しさ”と“先進のくつろぎ感”を併せ持つシンプル&モダンで温かみある空間を追求しました。

異次元の静粛性と、今までにない気持ちの良い走行フィール

TNGAプラットフォーム採用による上質な乗り心地に加え、燃料電池自動車ならではの異次元の静粛性と剛性の高さなど、細部に拘ったクルマづくりを推進しました。さらに、スタック性能の向上などにより、リニアで滑るような質の高い動き出しとレスポンスの優れた気持ち良い加速、高速域までトルクフルな走りを実現し、ワインディングでは意のままのハンドリングを可能にするなど、今までない走行フィーリングを目指し開発を進めています。

燃料電池自動車の次のステージに向けて

FCスタックをはじめ、FCシステムを全て一新することで、燃料電池自動車としての性能を大幅に向上させるとともに、水素搭載量拡大などにより、航続距離を従来型比で約30%延長することを目標に開発を進めています。

サイトについてのアンケート

このコンテンツをご覧になって、「トヨタはモビリティカンパニーへと移行している」と感じますか?

ありがとう。